fc2ブログ

9月8日 雨

回想してみる。

7月24日 通勤時に親父から電話があった。

もう普通じゃ無い事がわかる。

母が倒れた意識無い、救急車呼んだ!帰ってきてくれとの事だった。

即電車降りて逆の電車でオイラ帰る。

プチパニック状態で帰る。プチパニック状態が今となっては良かった。

家に到着、親父に電話、病院を聞き ニャンコをシッコさせて向かう。

我が家の難点は障害を持った猫、自分でシッコができない。させられるのはオイラと母

病院に到着検査中~暫く椅子で待っている~

暫くして親父が出てくる クモマッカ、意識は戻ったとの事

全く安心はしていない。

そのまま入院手続きへ。用意するもの、保証金とか色々話を聞かされる。

が親父の頭はそこにはあまり回らない。

話が終わって再び待合室に~暫くして母がベッドに乗って出てきた。

そのまま病室に~俺らは、その後も入院準備で病院内をたらい回しにされた。

俺は結構冷静で病院側の資料の書き込み不備を発見できるほどだった。

やっと病室に行けて、母もオイラの存在に気がついたが、母もオイラが居るのに

驚いた様だった。 

豪華な個室である、バス、トイレ、洗面台、冷蔵庫、テレビ、ソファーと

母は点滴、痛み止め、安静にする為に麻酔を少し打たれてる様で手術まで寝てもらう
様な事までは聞いた。

昼になり、親父は食欲ねー言ってるが、俺らがバテてはいけないのである。

親父もわかっているだろう。

オイラは上司に電話、現状で分かってる事を説明して今週は休む事を伝える。

仕事の話も少しした。

3階に食堂があるのを親父は知ってて食堂でウドンを食べる。

一旦家に戻り、買い物~病院で用意してもらいたい物を買う

デイツーにマツキヨ

病院では買えない物が沢山あった。

病院に戻りソファーに座ってボケている。

夜になり主治医に呼ばれる。

手術の説明を受ける。今日は時間的に厳しいらしい最後の手術が終わるのが夜中とか

明日になると言われた明日も2件入ってるから時間は言えないと・・・

母は麻酔で寝てる、父が母兄に電話を入れた。母兄以外は今は内緒にしておきたい様だった。

それと、もう一人保証人が必要な為の選択だった。

看護師の方が、後は私達が見てるので家族の方も疲れてしまっては大変です。

と帰宅を促す。

帰りにスーパーに寄ったかは覚えていない。

弁当屋は覚えている。

風呂に入り飯を食べて。

眠れないけど寝るか?って事で寝る。


まー寝れないかな明け方寝れたけど、それでも起きたのは早かった。

親父も寝れないと言っていた。

朝から母兄夫婦が来てくれて。保証人を書いてくれた。

そのまま4人で病院に、声をかければ反応するが、もう麻酔で昨日から寝かされてる状態である。

今日も食堂でウドン。

兄夫婦が買えると言うので一旦帰る。

ここで夕食の仕度、親父はキュウリをキリ、オイラはナスを炒める

あんまり覚えて居ないが・・・納豆だったか豆腐だったか。

飯は過去に書いてるから参照してくだされ。

で、病院~また椅子で待ってると手術の準備の為出される。

で手術、予定は5時間だったかな?

5時間居ても意味が無いので帰るとナースセンターに告げるが一人は残ってください。と

親父が残りオイラが買える。ニャンコシッコさせて飯を食う。

落ち着かないので病院へ~途中に電話があり、手術終わった先生から話があるから早く来いと

向かってると。

待合室で待ってると看護士の方がお二人揃いましたか?と先生の待つ部屋に行き

手術の成功と2週間は絶対安静との事、手術成功の笑顔で俺も親父も少し安心した。

病室では母が寝ていた。

休憩所から見る夜景が綺麗に見えた。親父は母兄に手術成功の電話をした。

今日もこれで帰る事にした。

親父とは車の中で先生の笑顔で少し安心したね。と話した。

風呂沸かして入る。親父も入りって親父は飯。

親父の飯の途中でオイラは布団に入った。

次の日から母は目を覚まし一応はコンタクトが取れる様になった様だが

自分の状態はわかってないようだった。馬鹿になっているのである。

オシッコに行きたい暑いとかはわかるんだが、

うんしょ!うんしょ!と何やら動いている。縛られてるのもわからないのだろう。

オイラは、ここで親友②に遭遇する事になった。

オイラは一目でわかったが・・・相手はわかってない。名前を言って気がついた

え?俺はそんなに変わったの?毛根は弱ってるけど

ここの清掃をやってると言ってた。何となく彼が働いていてくれるのが励みにもなった。

不思議な事で・・・そんな親友②と会うと親友①からもメールが来る車買った!と

ベンツ!正直負けたよ。ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

そんなこんなで日が過ぎて行った。

月曜日になり、俺は会社へ。この日は働いたが・・・会社に居ただけ?

明日から2週間休みを貰うと告げた。

親父から電話があり、個室から3人部屋に移動できるけど?と、じゃ移動しようとなった。

値段が5倍違う。豪華個室だったが動けないままだったので・・・ベット以外は未使用だった

洗面台を俺が1回使ったかな?ソファーは良かった。雑誌などを読む事はできた。

で3人部屋だ

左には綺麗に見える女性、右には重体と見られる男性が入院してた。

両方とも意識は無いみたいだ。

両サイドと比べると母は良く見える。

ここには一週間居たのかな?母は右側に来る女性に姉の名前を呼ぶそう見えるらしい。

そんなこんなで隣の人とは俺らも少し話す様になった。

毎日病院には行くが・・・多々治療とか着替えで毎日2時間はロビーに出されるのも日課だった。

親父とは母がボケてるな!治るのか?と多々話をしてた母の話を否定した方が良いのか?うんうん聞いてた

方が良いのかそんな話が多かった。

が同じ様な患者も当然居て。2週間は駄目だった。2週間過ぎてから記憶の線が繋がってきた!そんな話を聞いた
ので安心した。

大変な人も居て九州から出てきて・・・こっちで働いてたら・・・体調が悪くなり警察にフラフラしてる

所を助けてもらったって人も居た。リハビリでここは何処ですか?何県ですか?とか聞かれていたが

九州の人には、しっかりしてても分からない質問では?とも思った。

時計も読めないでいた。母も長針と短針の区別がつかなかった。

2週間はそんな感じだったかな?で2週間目で上司から連絡があり盆休みになるから

そのまま休んで良いとあり、お言葉に甘えさせてもらった。

ある日行くと母は大部屋になってた。

前の人はまともに見えるが壁に向かってお母さんお母さん!と呼んでた。

斜め前の人が一番まともに見えるが足腰がかなり弱ってる様だ。

この辺から母の我がままが炸裂してくる。固定されてるのが嫌なのだ。

が、まだ動けないよ!と何で?まだクダ通ってるから!

そんな会話の繰り返しであった。

行くと来るのが遅い!帰るって言うとじゃ帰ろう!と・・・

お米磨がなきゃと言うのである。親父とその日からはお米磨いできたと言う事にした。

この辺りからご飯が食べさせてもらえるようになった。

大部屋に行って数日。母のクダが取れて車椅子に座ってる母が居た。

看護師に聞くと、この階であれば車椅子での移動は良いとの事

リハビリも始まった。

まー予想はしてたが直ぐに歩く事ができる様になった。

これは凄い回復ではある。看護師の方々も、あっちこっちで凄い!凄い!と

注目度は凄い物があった。

オイラは看護師に言った調子に乗るから褒めないでと。

ここからは大変である。動ける故に固定するな!とか母の所だけ脱走防止のマットまで退かれた。

毎日が帰る発言である。困った事に自分の物と他人の物の区別が付かない

俺らが病院に行くと他人のタオルがかけてあったり他の部屋入ったら駄目だと言うのに

他人の部屋に入って片付けをする。夜は寝ない・・・と・・・

そんな所でリハビリ施設の話があった。

動けるけど頭が・・・って事で頭系のリハビリが県内には2箇所

所沢と上尾にあるとの事。

リハビリの施設の話は聞いていたので川越にある所と思ってたが・・・

その調べてるのは無意味に終わった。

リハビリ支援の話と主治医の話、リハビリ担当の話がバラバラなので・・・判断には迷う所でもあった。

で言ってみたのが一日帰宅、何となく話を進め8月18・19日とした。

8月16日から俺は社会復帰をした。

俺は病院に行かなくなったので帰ってからどうだった?と親父と話すのが日課になった。

8月18日 一日帰宅の為、朝早く迎えに行った。
外の気温が心配ではあったが・・・どうしようも無いかね。
医者から安定剤を渡された夜の徘徊に注意!と、
家に到着、久々にニャンコにご対面!チビちゃん呼んでたが帰ってきただけで
疲れた様で、それでも、少し台所にも立ってた。

今はオイラの方が腕が上だと思った。

その後病院では無い不安感が襲ってきたのであろう。病院に戻ると聞かないが
そこは言い聞かせた。

19日はオイラも休んでいた。母が病院に帰らない発言をしそうだったからだ。
まー昨日ので的中でした。病院に戻る発言で夕方に行く予定でしたが
昼には家に出ました。

サクサク病院に到着看護師の方々お帰り~と
病院の寝巻きに着替えた所で俺らは先生らと状況説明。

終わると母は、早くも家に帰る発言!

疲れますわい。今日で今日は無理と看護師にも言われて諦めたようである。

が・・・次の日退院しました。

不思議と昨日の一日帰宅が良かったのか・・・一気に普通に戻ってきました。

おかんは、こんなバカな事を言ってたと笑い話でした。

今だに病院に芸能人が居たって事は退かないんですけどね。

オイラも社会人復帰先週無事一週間勤められたので回想してみました。

オイラ個人としては強くなった所もあったが弱くなった部分もあります。

そんでもって4人程良い子だな!思った看護婦が心残りでもあります。

何気に男2人で家事をやり掃除やり見舞いに行き大変だったが

何とかなるもんだ!とも思ったがやはり大変だった。

震災以来の長文ですかね。

今日は一日雨なので書いてみました。












スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

TRASH123

Author:TRASH123
生粋のアリス クーパーっ子で御座います。

最近自転車の素晴らしさを知りました。

(・∀・)ニヤニヤ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード